従業員の過重労働防止|細々とした業務はまとめてお任せ|秘書代行が新社長の強い味方

細々とした業務はまとめてお任せ|秘書代行が新社長の強い味方

従業員の過重労働防止

システム

勤務状況の把握

ここ最近、労働者の長時間労働が社会問題化しています。長時間労働による精神疾患の労災認定が年々増えてきており、また過労を原因とした死亡事件も報道などで大きく取り上げられています。このようなことを教訓に、最近は多くの企業が勤怠管理に注力しようとしています。従業員の勤怠管理をリアルタイムで行う為に欠かせないツールがクラウドによる勤怠管理システムです。勤怠管理の代表的なツールといえばタイムレコーダーですが、タイムレコーダーによる管理では、タイムカードを取り出して集計しないことには、各労働者がどれくらい残業、休日労働をしているのかが把握できません。その点、クラウドによる勤怠管理システムであれば、労働者がIDカードやスマートフォンにより打刻したデータがシステムで集計され、リアルタイムで超過勤務状況を把握できます。このような利点から、最近では多くの企業がクラウドによる勤怠システムを導入しています。

運用する上でのコツ

勤怠管理システムといえば自社でソフト等を購入するケースが一般的でしたが、クラウドシステムであれば、自社にシステムを置かない為、ソフト自体を購入するよりも割安で済みますし、震災等による破損の心配もありません。クラウドシステムを行う上で大事なのは、総務担当者など勤怠状況を把握できる立場にある者がこまめに各従業員の勤務状況を把握し、超過勤務が多い従業員のいる所属部長に都度警告を発していくということです。管理職の中には部下の時間管理に無頓着な者もいるため、部下の超過勤務状況が把握できていないことが往々にしてあるからです。クラウドシステムの中には、超過勤務が多い労働者がいた場合には自動的にアラートを発してくれる機能を備えたものもあります。リアルタイムで勤怠管理が行えるというクラウドシステムの利点を活かし、会社全体で長時間労働を防ぐ仕組みを作ることが大切です。